2013.08.30

【女子バレー】新セッター宮下遥。不安の涙から強豪と戦う喜びへ

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 また、河本監督は今大会の宮下について、「MIPは本人も言っていたけど、イタリアのサーブミスに助けられたね。だけど、今の段階で、今の年齢であれだけやれているのは、ハンドリングにしろ、トスワークにしろ、ある程度合格点を出したいな。課題は、ミドルブロッカーの使い方で、大竹とは合うようになってきているから、岩坂との間をどう調整するかだね。岩坂はちょっとブロックステップから切替えが遅いので。でもその間を調整できるのが司令塔だから」と、語っている。

 肝心の眞鍋監督はどう見ているのか。「大会途中で申し訳ないが、あえて現時点での宮下を評価して欲しい」と質問すると、「うーん、評価ねえ……。トスワークについてはまだまだ評価できる段階ではないですね」とバッサリ。だが、「でも、若い長身セッターということで、大きな可能性を持った選手だということは間違いないと思います」と、期待を口にした。

 眞鍋監督自身、高校時代に恩師の一言でアタッカーからセッターに転向し、五輪に出場した経験を持つ。日本人セッターとしては長身な方でもあった。彼が宮下をどう育てていくのか。五輪翌年は新たな試みにチャレンジしやすいタイミングだ。

「全日本の経験で得られたもの? まだ、まだ得られたと言えるものはないです。今からです」(宮下)

 ワールドグランプリのファイナルは残り3戦。そこで彼女が何をつかめるかが注目される。

関連記事