2020.06.30

伊達公子「私に何ができる?」。
日本女子テニス界の危機に新たな試み

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by YONEX


「今は大坂なおみ選手という、トップを走る大きな存在があるものの、そこに続く選手が出てきていない。その現状に、何か手を打たなくてはいけないのでは......?」

 そう思った時に「女子ジュニアの育成に興味が湧いてきた」のは、必然だっただろう。彼女には圧倒的な知名度と発信力、そして「他社のラケットを試打したこともない」ほどに信頼を寄せる、ヨネックス社というパートナーもいる。

 それら種々の要因が重なり、ひとつの方向を示した時、彼女の「何ができる?」との自問にも解が出た。

 指導する選手は、まだ色がつく15歳前がいい。将来性を見極めるためにも、オーディションで自ら参加者を選考し、隅々まで目が届くように少数精鋭とする。

 そのような理念を掲げた『伊達公子×YONEX PROJECT』が、昨年5月に発進した。

 書類選考と選考会を経て、4人の第一期生が決まり、東京で第1回キャンプが行なわれたのが1年前の6月末のことである。