2020.03.09

錦織圭も西岡良仁も出場せず。
非常事態で露わになったデビスカップの意義

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO


 そしてこの大会の結果が、東京オリンピックの出場権争いにも大きく関わってくる。オリンピック出場者は6月8日時点のランキングで決まり、56位以内ならまず確定。出場辞退者や1カ国4人の上限枠などを加味すると、60〜65位がカットラインと見られている。

 その当落線上に到達するために、現在ランキング90位の内山は是が非でもここでポイントを稼ぎたいところ。また、48位の西岡にしてみても、昨年のインディアンウェルズで得たポイントが多いだけに、それを失効すれば大きくランキングを落としかねない。

 デビスカップか、オリンピックの出場権も絡むツアー大会か......。

 その葛藤のなかで大きく心が揺れるなか、西岡はチームを離れて、ひと足早いアメリカ入りを決意する。かくして、日本のシングルス上位2選手が試合に出られないなか、単複で勝利を期待されることになったのが、昨年躍進の時を迎え、100位の壁を突破した内山だった。