2020.02.06

全豪で明確化。「大坂なおみ世代」が
メインストリームとなった

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 23のグランドスラムタイトルを持つセリーナの支配力が弱まって以来、女王不在が叫ばれて久しい女子テニス界ではあるが、新世代の到来は誰の目にも明らかになっている。

 セリーナとシャラポワが火花を散らし、覇権を争った時を経て、そのふたりに憧れ、同じ夢を見た大坂やケニンが今、ライバル譚を紡ぎ始めた。

 夢を媒介とし、歴史のトーチを受け継いだ者たちによる、新たな時代が幕を開ける。

関連記事