2020.01.25

大坂なおみが15歳に屈した理由
「王者のメンタリティが備わってない」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO


 試合のわずか20分後に会見室に現れた大坂は、落胆を隠せぬ様子ながらも浴びせられる質問に真摯に応じ、問われては答えるプロセスを通じて、自分の内に何が起きたかを解き明かしていくようだった。

「どうすればよかったと思うか?」の問いには、「もっとボールをコートに入れること」と苦笑をこぼす。

「初戦は大丈夫だったけれど、今日の試合はとても硬くなった。もちろん、タイトルを守ることも頭にあったけれど......それ以上に、彼女とは前回の対戦のこともあるし、試合前から過剰に騒がれていたし」

 さらには、コーチ、トレーナー、ヒッティングパートナーら"チーム"の名をひとりひとり挙げながら、「みんなに申し訳ない。みんなの努力を無駄にしてしまった」とまつ毛を伏せる。

「頭ではどうすべきかわかっているのに、それができなかった」

「フィジカルは何も問題ないのに、理由もなくミスしてしまった」

 心と身体が噛み合わないもどかしさを、彼女は素直に吐露していった。

 それら大坂が自らに向けた問いを解くカギは、彼女自身が会見後半に口にした、次の言葉にあるのかもしれない。

「今日は、ナーバスになったというよりも、プレッシャーを感じていた」

 プレッシャーを感じた訳は、「数字上では、私が勝つべきだと思われていたから」だと述べる。"プレッシャー=重圧"とは、自分が置かれた状況を考えた時に、外界から感じるものだ。

 相手が15歳であること。前回の対戦で圧勝し、しかも試合後のやり取りが賞賛を浴びたこと。だからこそ、多くの人が今回も自分の勝利を予想しているだろうこと。負けたらチームの面々や両親が落胆するだろうこと......。

 それらの周辺への考慮が、存在しなかったかもしれない圧力を生み、彼女の身体の自由を奪う。

「まるで、視界に靄がかかっているようだった」

 コート上で陥った状態を、彼女はそのように表現した。

「私には、まだ"チャンピオンのメンタリティ"が備わっていないのだと思う」