2019.09.22

大坂なおみ、3度目の正直なるか。
地元優勝のカギは父とのキーワード

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

 決勝で大坂は、アナスタシア・パブリュチェンコバ(41位、ロシア)と対戦する。2人は過去に一度だけ対戦があり、2017年WTA香港大会でパブリュチェンコバがストレートで勝っている。

 大坂は、過去2回準優勝している東レPPOを「特別な大会」と位置づけており、さらに今回は生まれ故郷である大阪が開催地ということもあって、初優勝へかける思いはより強い。

「3度目の正直になればいいなと思っています。ただ、どの試合でも勝つためにするべきことを考え、それを実行するだけです」

 果たして、日本での初タイトルをつかみ取ることができるのか。そして、世界ナンバーワン復帰への足がかりをつかむことができるのか。大坂の力が大阪で試される。

関連記事