2019.01.16

錦織圭、全豪OPは辛勝スタート。
次戦は「あまり好きな対戦ではない」

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 こう試合後に語ったマイクシャクは、試合開始から果敢に打っていき、時速200kmを超えるファーストサーブやフラット系のバックハンドストロークの威力がすばらしく、錦織を大いに苦しめた。

「自分のプレーが合っていたのかなと感じていたので、あれだけのプレーをしてきたのはすごいなと思いますね。あのフラットのボールは、持ち上げるのが大変でした。バックのダウンザラインとかディフェンスもよかった」(錦織)

 もちろん錦織にもたびたびチャンスがあったが、それを逃がすシーンが多かった。第1セット第5ゲームに2本、第2セット第1ゲームに2本、第6ゲームに2本、ブレークポイントがあったが、いずれもブレークには至らなかった。さらに、第2セットタイブレークでは、錦織にセットポイントが1回あったものの、リターンミスでチャンスを逃し、錦織の2セットダウンとなった。

「チャンスを取りきれなかった。自分が先に、ワンブレーク、ツーブレークできていたら、展開は変わっていたと思いますけど......」(錦織)

 その後、第3セットの序盤から、マイクシャクの両足や右腕にけいれんが起こり始めた。第1セットも第2セットも、自分より格上の錦織に対して120%のプレーで挑んでいき、感情的にも高ぶっていたという。錦織との試合のなかで、レベルの高いテニスに慣れていない体がけいれんを起こすのは当然の成り行きだった。

 一方、「絶対ポイントをあげないよう意識していた」という錦織は、集中を切らさずにプレーし続けた。2セットオールになり、第4セットで錦織が、2回のブレークに成功して3-0となった時点で、マイクシャクがリタイア。

 結局、3-6、6-7(8)、6-0、6-2、3-0、相手の途中棄権によって、錦織は辛くも初戦を突破した。