2018.11.12

「自信になる」。錦織圭、フェデラーに
勝利して初タイトルへ弾み

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 準決勝進出のために、錦織が初戦で勝ったのは大きなアドバンテージだ。「正直内容はそんなによくなかったですけど、それでも1試合目を勝てたことは自信にはなるのかなと思います」と錦織は胸を張る。

 第2戦で錦織は、第4シードのケビン・アンダーソン(6位、南アフリカ)と対戦する。

 フェデラーから約4年半ぶり3回目の勝利を獲得し、ファイナルズの大舞台で初めてフェデラーを破った意味は、これから錦織が戦いを積み重ねていくなかで、さらに大きくなっていくのではないだろうか。錦織がまだ到達したことのないファイナルズの決勝や初タイトル獲得への起爆剤になるかもしれない。

関連記事