2018.08.26

大坂なおみ、「始まりの地」に立つ。
全米オープンで初心を取り戻せ

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 15年以上前――。ビリー・ジーン・キングナショナルテニスセンターでボールを追っていたときの大坂は、常にチャレンジャーだった。最大のライバルは姉であり、敗れるたびに「明日こそは勝ってやる!」と宣言していたという。

 無垢に追い続けた夢に近づき、ゆえに覚える重圧に歩幅を狭められている彼女が今求めるのは、以前のような追う者としての飢餓感だ。その初心を取り戻す場所として、キャリアの原点であるニューヨーク以上にふさわしい町はない。

関連記事