2018.07.10

錦織圭、全英で8強進出。
23年ぶりの快挙達成も次戦に向けて超クール

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 錦織もまた、右手首のけがから復帰してきたが、そんなカムバック組の2人が、ウインブルドンの準々決勝で対峙する。グラスでは初対決になるが、ジョコビッチは錦織のことを次のように語った。

「(圭は)けがに少し苦しんでいたけど、コンディションがフィットしていれば、どんな大会でも、誰にでも勝つことができる。彼はビッグマッチに強い選手でもある。いい試合になるといいね」

 ウインブルドンでは初のベスト8ということで、錦織の周りは騒がしくなったものの、彼にとっては、グランドスラムで8度目の準々決勝進出であり、単なる通過点という意識でしかない。4回戦後の会見では、錦織は全く喜びの表情を見せることはなかった。

「優勝するためには、ここからやっぱりタフな戦いが続くので、安心もしていられない」

 グランドスラムの頂点を見据える錦織にとって、やはりジョコビッチは越えなければならない壁らしい。ジョコビッチとの戦いは、いつも大きなチャレンジになるという錦織の真価が問われる大一番になる。

◆サッカーを知った大坂なおみ。元女王に完敗も、強いメンタルで全米へ

◆錦織圭、集中力のネジを巻きまくり。「芝史上最高の出来」で快勝

関連記事