2018.06.02

ついに自分も楽しくなってきた錦織圭。
赤土でナダルに勝った男と激突

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 ティームは、プレースタイル面ではシモンと大きく異なるものの、端正なショットでラリーを組み立てる、錦織にとっては試合を楽しめるタイプのテニスプレーヤーだろう。「僕は、彼のバックハンドが好き」という言葉にも、対戦を心待ちにする胸の内がにじんでいた。

 対するティームも、「僕も、彼のバックハンドが好きだよ」と笑い、「圭のテニスは見るのも楽しい」と明かす。

「タフなバトルになるだろうが、対戦を楽しみにしている」

 錦織との対戦を控え、ティームもはっきり、そう言った。

 自分のテニスを取り戻し、自らも......そして見る者にも楽しみを与える錦織がいよいよ、上位勢へと立ち向かう。これ以上ないほどに、心躍る舞台が整った。

◆錦織圭、アウェーで天敵に勝利。もう「フランスだらけ」でも大丈夫だ>>>

◆錦織圭の、全仏4強までの勝ち進み方をシミュレーションしてみた>>>

関連記事