2018.01.25

1年前の全豪、錦織戦で復活を
確信したフェデラー。次戦は注目のチョン

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 ディフェンディングチャンピオンで、第2シードのロジャー・フェデラー(ATPランキング2位、1月15日付)が、全豪オープン準々決勝で、第19シードのトマーシュ・ベルディヒをストレートで破って、14回目の準決勝進出を決めた。

 36歳のフェデラーは、驚くべきことにここまで1セットも落とすことなくベスト4入りしている。

今年の全豪オープン、順調に勝ち進み、ベスト4を決めたフェデラー
 フェデラーは今でこそ、優勝候補の筆頭に挙げられているが、1年前の全豪ではまったく状況が異なっていた。

 2016年のシーズン後半を左ひざのリハビリにあてるため戦列を離れ、休養明け初の公式戦が2017年の全豪だったからだ。そのため、当時世界ランキング17位まで落ちていたフェデラーが果たしてどれぐらいのプレーができるのか、多くの人が半信半疑だった。

 そんな状況で、第17シードのフェデラーが4回戦で対峙することになったのが、第5シードの錦織圭(当時5位)。ふたりはグランドスラムでは初対戦だった。

 2017年シーズンをフェデラーが振り返る時、錦織とのプレーが「大きな試合だった」とターニングポイントのひとつに挙げる。