2018.01.24

会ったばかりの急造ペアが、
全豪男子ダブルスで日本初のベスト4進出

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 マクラクラン勉(ベン)が、勝利の咆哮(ほうこう)をした時、グランドスラムで日本男子ダブルス選手の新たな歴史がつくられた――。

 全豪オープンの男子ダブルス準々決勝で、マクラクラン勉/ヤン レナード・ストルフ組が、第1シードのルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ組を6-4、(4)6-7、7-6(5)で破り、全豪初のベスト4進出を果たした。

日本男子として初の全豪ベスト4入りを果たしたマクラクラン勉 25歳のマクラクランは、今回の全豪がグランドスラムデビューだったにもかかわらず、快進撃を続けて、1968年のオープン化(プロ解禁)以降では、日本男子として全豪だけでなくグランドスラムで初のベスト4入りを見事やってのけた。

「すごく嬉しい。ずっとファイトして、最後に取れた」と語ったマクラクランは、準々決勝では、自分のリターンに苦しんだものの、パートナーであるストルフのリターンの強打が冴えを見せた。さらに長身195cmのストルフから繰り出される強力なサーブを軸にして、マクラクランがネットプレーで躍動し、ポーチを決めてポイントにつなげた。

 ファイナルセットに入る時、「僕たちの方がいいテニスをしている。絶対勝つ」とストルフがマクラクランを激励したという。決着はタイブレークというきわどい展開になった。マクラクランがポーチを2本決めたり、ストルフがリターンエースを決めたりしてリードを奪い、マクラクラン組の3回目のマッチポイントで、ストルフがスマッシュを決めて、2時間52分の激闘の末、2017年ウインブルドン優勝ペアでもあるクボト/メロ組を打ち破った。