2018.01.12

「テニスをもっとメジャーに!」
美女プレーヤー加藤未唯が熱く叫ぶ

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

昨年の全豪オープンダブルスで快進撃を見せた加藤(左)と穂積絵莉昨年の全豪オープンダブルスで快進撃を見せた加藤(左)と穂積絵莉 加藤 怒りだけでなく、全部抑えていたんです。(マッチポイントを決めた瞬間以外は)大きなガッツポーズをしていなかったと思います。

――ダブルスに話を戻しますが、全豪女子ダブルス準決勝は、第2シードのマテックサンズ/サファロバ組を相手にして、本当に惜しかったですよね。

加藤 相手が第2シードでしたけど、自分たちが引かなかった。(マテックサンズ/サファロバ組は)ずっと組んでいて、グランドスラムでも優勝しているペアですが、私たちのような初めてグランドスラムの準決勝に来たペアに対しても、素晴らしいプレーを見せてくれた。

 しかも彼女たちも絶対勝ちたいという思いから、マテックサンズがサーブの時に、サファロバがベースライン上で構えるツーバック(守備的な陣形)をした時があったんですけど、第2シードでもこういう手段を取ってくるんだと、そこはすごいねって、試合後にふたりで話したんです。変なプライドを捨てて、格下の私たちに、そういう手段でやってくることにすごいと思いましたね。

 私のサービスゲームが悔やまれるかな。ファイナルセット4-5の時に、初めてちょっと引いちゃったかな。そこが一番の反省点です(ファイナルセット第10ゲーム、加藤のサービスをブレークされて、2時間8分の接戦の末敗れた)。

――"えりみゆ"というペアのニックネームが付けられましたが。 

加藤 嬉しかったですけど、そこまで浸透していないので......。シングルスでの(錦織)圭くんの報道に比べると、ダブルスなので、やっぱりまだまだですね。私は、欧米ではテニスがメジャーであることを見て知っているので、テニスが日本でもっとメジャーであってほしい。海外だと、ダブルスでもすごく評価されるんです。それに、あの時の全豪では圭くんが4回戦で(先に)負けていたので、私たちが注目されたのかなとも思います。
 
 日本では一般の人が知っているテニス選手の名前って、圭くん、松岡修造さん、伊達公子さんぐらいだと思います。昨年に36位まで上がった杉田(祐一)さんですら、以前よりは知名度が上がったけど、プロ野球選手に比べると、まだまだそこまで知られていない。私からすれば、杉田さんが松岡さんを抜いたことはすごいことだと感じていますが、みんなに知られていない。

(昨年の)11月に、杉田さんと一緒にある賞をいただいたのですが、その時に彼が、「テニスは、海外と比べると日本ではマイナーで、よく知られていない」という話をしたんですが、それにすごく共感したんです。