2017.12.30

じん帯断裂から復帰する西岡良仁。
全豪オープンへ「恐怖心はない」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

 最初はフラストレーションがすごかったですね。理想というか、自分のなかにあったいいときのイメージとは全然違うので。試合とかで負けたら、やっぱりムカつくこともあるでしょうね。今まで負けなかった相手に負けたりしたら、イラッとしちゃうと思います。

―― そんな自分に少し安心するところもあったりしませんか? 負けず嫌いなところは失ってないなって。

西岡 そうですね......トレーナーの浜浦(幸広)さんも言ってましたね。僕が少しイライラしているのを見て、『やっぱ変わんないな、久々にこういう良仁を見た』って。

 そこはやっぱ変わらないですね。根本的なところは負けず嫌いだし、僕はそこを中心にがんばってきたんで。そこは変わらないです。

    ◆    ◆    ◆

 西岡がコートを離れた約9ヵ月間とは、世界の男子テニス界で若手の台頭が目立った時期でもある。

 ATPツアーは数年前から未来のスターを発掘すべく、21歳以下の若手選手たちを「Next Gen(次世代)」と銘打ち、彼らを売り出すキャンペーンを行なってきた。さらに今年11月には、ミラノで21歳以下のトップ選手たちによる『Next Genツアーファイナルズ』を開催。初代王者の席には、西岡の友人でライバルでもある韓国のチョン・ヒョンが座した。