2017.09.21

「ラケット破壊」への悔い。
感情を抑え込んだ加藤未唯が最後に笑うまで

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「今の私のテニス、見てもきっと、面白くないですよ......」

 本戦出場を決めたにもかかわらず、不安そうに......あるいは少しすねたように彼女は言った。

 葛藤を抱えながら足を踏み入れた本戦初戦で待っていたのは、加藤の決意を試すかのような相手であった。日本2番手の日比野菜緒は同期であり、兵庫県の同じアカデミーを拠点とするいわば同門。お互いの手の内を......つまりは長所も弱点をも、もっとも知り尽くしたプレーヤーだ。

 その日比野との試合で、加藤は攻められてもしぶとくボールを打ち返し、最後まで自身と試合をコントロールして快勝する。そんな親友にしてライバルの姿に、日比野は多くを読み取っただろう。

『加藤選手のコートでの立派な振る舞いに、彼女がこの1ヶ月どれだけたくさんのことを考えて、乗り越えたんだろうと感じました』

 試合後、日比野は感じたままをブログにつづった。

 同門対決を制した加藤は2回戦と3回戦でも、試合中は会心のウイナーを決めても軽くガッツポーズを握る程度で、感情を表に出さず、不運な判定にも言葉を呑んだ。