2016.12.06

錦織圭の弱点を元世界1位が指摘。
「ケイはもう少し成熟する必要がある」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 この錦織の言葉は、彼がすでに手にしているものと、これから獲得しなくてはならないもの、双方をくっきりと浮かび上がらせる。

 すなわち、彼自身が改めて自覚したように、「本当に強くなっている」という事実。しかし、時として実戦特有のプレッシャーに阻まれ、そのすべてをコート上で表現しきることができないという現実だ。

 錦織が持つものと持たざるものを、奇しくも今回のIPTLで端的に指摘したのは、昨年に引き続き今年もチームメイトとしてともにコートに立ったサフィンである。

「錦織が今後、グランドスラムで優勝するのに必要なものは何だと思うか?」

 そう問われた2度のグランドスラムホルダーは、真摯な口調で自らの想いを述べた。

「今は上位勢が少しずつ衰えを見せ、下からの突き上げはそこまで強くないという、彼にとって非常にチャンスのある時期だ。その機を、しっかり掴まなくてはいけない。そのことは彼もわかっているはずだ。ただ、ケイはもう少し成熟する必要がある。彼は勝つために必要なカードをすべて手もとに備えているのに、もっとも重要な場面で自分を信じきることができていないように感じるからだ」