2016.11.15

ワウリンカ撃破の錦織圭を、
新王者マリーが「ケイはとてもいい」と警戒

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi



 ツアーファイナルズ2日目、ラウンドロビン(総当たり戦、以下RR)の初戦で、第5シードの錦織(ATPランキング5位、11月14日付け、以下同)は、2016年US(全米)オープンチャンピオンで、第3シードのスタン・ワウリンカ(3位)を6-2、6-3で破って、幸先のいい1勝を挙げた。

「出だしからリターンがよく、アグレッシブなプレーを心掛けた」と語る錦織は、コート上での動きが速く、グランドストロークを攻撃的に打って、ラリーの主導権を握った。加えてネットプレーやドロップショットも随所で効果的に決まった。

 錦織はファーストサーブの確率が46%と低かったことについて、「ファーストの確率がやっぱり60%ぐらいは最低欲しかったですね。それでもファーストが入らない中でも、余裕をもってプレーできました」と振り返った。ファーストサーブでのポイント獲得率は80%、セカンドサーブのポイント獲得率は74%と、セカンドからもうまくポイントにつなげたことを数字が表している。実際、ワウリンカにサービスブレークを一度も許さなかった。
 
 一方、ワウリンカは、大会前から不安を抱えていた左ひざにサポーターをしてのプレーとなり、本来の力強いテニスは影を潜めた。結局錦織は、わずか1時間7分で、今年のUSオープン準決勝のリベンジを成功させた。