2015.12.10

【テニス】レジェンドたちが語る「錦織圭が世界ランク1位になる日」

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 ファブリス・サントロ(43歳・フランス)は、フォアもバックもダブルハンドで打ち、グランドスラムのシングルスには史上最多となる70回出場した。“魔術師”と呼ばれた彼のトリッキーなテクニックは、あのロジャー・フェデラーも一目置いている。

「まず圭は謙虚でスマートで、とてもいいキャラクターです。まだ若いが、素晴らしいキャリアの持ち主です。ハードに練習してロンドンでのATPワールドツアーファイナルズにも出場した。そして、スポーツやテニスを日本にアピールする素晴らしい大使でもありますね。数年後にグランドスラムで優勝できることを願っています」

 4人のレジェンド選手が口をそろえるのは、錦織は才能に恵まれ、そして、近い将来グランドスラムチャンピオンになれる可能性があるということだ。ここまで高評価された日本人プロテニスプレーヤーは過去にいなかっただろう。実績を残してきた彼らの言葉だからこそ、説得力があり価値がある。当然ながらサフィンが語るように、錦織がこの先も向上していかなければならない点があるのも間違いない。

 多くの期待を担う錦織は、12月にチャンコーチのいるカリフォルニアやフロリダのIMGアカデミーで練習をして、2016年シーズンは、1月3日から開幕するATPブリスベン大会から始動する予定だ。来シーズンに向けて決意を新たに語る。