2015.02.17

「錦織記念日」に振り返るツアー初優勝。7年前の真実

  • 内田暁●構成 text by Uchida Akatsuki  photo by AFLO

 今から7年前の2月17日。世界ランキング244位の無名日本人をファイナリストとして迎えた「デルレイビーチ国際テニス選手権」の朝は、新しいことが起きそうな高揚感と、予期せぬ事態にみまわれた慌ただしさが混然となり、外気以上の熱気を生んでいた。アメリカ人が大半を占めるプレスルームでは、記者たちが18歳の新星――ケイ・ニシコリの情報を集め、プレイスタイルや生い立ちを論じることにやっきになっていた。

 地元紙の記者のひとりは、現地に駆けつけた日本人メディアの姿を見つけると、興奮した口調でまくし立てた。

「あのボーイは素晴らしいね! 昨日の準決勝で打ったジャンピングショットを見たかい? まるでマルセロ・リオス(※)だ」

※マルセロ・リオス=テニス選手としては小柄(175センチ)ながら、1998年に世界ランキング1位まで登りつめたチリ出身のサウスポー。現在39歳。

 錦織の素晴らしさをひと通り語り終えたアメリカ人記者は、「今日の決勝戦もケイが勝つかもね」と言って笑みを浮かべた。その決勝戦の相手とは、当時アメリカ・ナンバー2にして、世界ランキング12位のジェームズ・ブレーク。彼の嬉しそうな声を耳にした周囲の記者たちは、「おいおい、君はどの国の人間だよ」と明るい口調で同僚をいさめた。

 そして、迎えた決勝戦。第1セットをブレークが6-3で奪ったとき、客席の一角からは、「やっぱりダメかぁ」という日本語のつぶやきが漏れた。ブレークのファンで埋まったスタンドは余裕を覚え、小柄な18歳の背に同情的な声援を送り始める。