2022.01.03

ラグビー帝京大、大逆転劇はなぜ起こったのか。主将投入での「プラン変更」や抜群の修正力を見せた

  • 松瀬学●文 text by Matsuse Manabu
  • photo by 井田新輔

 岩出雅之監督は、「昭和的ですけど」と苦笑いを浮かべた。「後半は、学生に魂が入ったんじゃないかと思います」

 かつて大学選手権9連覇を遂げた常勝軍団も、ここ3年間、大学日本一から遠ざかっている。うちベスト4が2回ながらも、新聞には<低迷>という文字が躍った。

 記者会見。岩出監督はメディアを見ながら少し笑う。

「決勝に出られなくて、低迷とか言われて。ま、そう言うのは、みなさんのほうなので」

 スポーツ紙の記者から、「9連覇のチームと比べて?」と聞かれると、岩出監督はぼそっと漏らした。

「そう、比べなくてもいいのかな、と」
 
 もちろん、学生チームは毎年、新たな布陣で大学日本一を目指して日々、努力している。監督の口癖が『本気・根気・元気』。会見ではこう、言った。学生への信頼感がにじむ。

「後半は、根気強く、前半の分を取り戻すプレーをやってくれたんじゃないでしょうか。何とか勝たせていただいて、学生たちがもう一歩、タフになったんじゃないかと思います」

 さあ決勝だ。相手は、4季前と同じく明大となった。先の対抗戦の対戦では14-7で勝った。ただ、後半は防戦一方だった。

 意気込みを聞かれると、細木主将はこう、言葉に力を込めた。

「明治大学さんだからといって、僕らが変わることはなくて、帝京大学としてのプライドを持って、1年間積み上げてきたものをゲームにすべて出すだけです」

 ひな壇の隣に座る岩出監督はこうだ。

「そのとおりです」

 記者からどっと笑いが起きた。63歳の名将はこう、続けた。

「プレーの芯の部分をしっかりするのが大事だと思います。学生たちにはまだまだ未来があるので、自分たちの成長を実感できるようなゲームにしたいなと思います」

 そういえば、帝京大OBの日本代表SH、流大がこう、ツイートしている。

<このクロスゲームを経験した帝京はまた一段と強くなったと思う!京産のプレーは本当に感動しました>

 同感である。あとひとつ。細木のキャプテンシーを軸とした最上級生の結束力が、帝京大を4季ぶりの大学日本一に押し上げていく。

関連記事