2020.04.05

五郎丸ら2015年ラグビーW杯組の今。
俳優としてブレイクした選手も

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji


 そのうち、トンプソンは昨シーズン限りで現役を引退し、今はニュージーランドに帰国して農業に専念している。また、15人制日本代表からの引退を表明した福岡は7人制ラグビーで東京五輪への出場を目指し、松島は今夏からフランスの名門クレルモンに移籍することが決まっている。

 31歳のリーチや34歳の堀江も、やる気はまだまだ十分だ。堀江は「(W杯前の最後の1年間で活躍して2019年大会に選ばれた)トンプソン方式がいいかな」と、日本代表活動と少し距離を取りながらも、2023年大会への意欲を見せている。

 2015年大会で真っ先に思い出すのは、やはり、プレースキック前の独特なルーティーンで一世を風靡したFB五郎丸歩(ヤマハ発動機)だろう。2016年からオーストラリアのレッズ、フランスの強豪トゥーロンを経て、2017年から再びヤマハ発動機に戻ってトップリーグでプレーしている。

 海外では思うような結果を残せず、同時に日本代表指揮官の目指すラグビーが変わったこともあり、五郎丸は2015年以降、桜のジャージーから遠ざかった。そして今年3月、34歳となった。