2020.02.21

18歳女子高生は7人制ラグビー日本代表。
「東京五輪で金メダル!」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji


「ボールキャリーが私の強みなので、(世界の強豪相手にも)通用する部分が出てきたなと感じています。課題はディフェンス。どのポジションに立つかなど、質を高めていきたい」

 東京オリンピックには、現在の候補選手の約半数の12名しか出場できない。香川は「自分の強みはまだ完璧ではないので、強みにこだわっていく。弱みと向き合って、毎日毎日、成長していきたい」と先を見据えた。

 ふたりに、東京オリンピックにかける想いを聞いてみた。

「すごくワクワクしています! 目標は金メダルを獲ること。トライを獲って、誰かに影響を与えられるような選手になりたい」(松田)

「オリンピックはすごく大きな大会だし、私たちが結果を出すことで、女子ラグビーを変えることができるきっかけになる。絶対に出場したい」(香川)

 今年の春から、松田は日体大、香川は早稲田大に進学する予定だ。ふたりは「サクラセブンズ」の一員として東京オリンピックに出場し、メダル獲得という大きな花を咲かすことができるか。

関連記事