2019.09.20

ラグビー日本代表が勝利へ。
ロシア戦ではハーフ陣の活躍がカギを握る

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 東京スタジアムのピッチは、人工芝と天然芝を組み合わせた「ハイブリットターフ」だ。長谷川慎スクラムコーチは「大好物です!」と言い、FWを牽引する稲垣も「押せるだけの自信は持っています。この4年間、スクラムでプレッシャーをかけるための練習をやってきた」と語気を強める。

 接点で不要な反則をしない、ハーフ団のキックを軸に相手陣内でのプレー時間を増やす、FWがマイボールのセットプレーから生きたボールを供給する――。当たり前のことかもしれないが、この3つをしっかりと遂行できれば、日本代表の勝利は揺るぎないはずだ。

関連記事