2019.09.18

SO田村優と相性は良好。
SH茂野海人は強気を武器に這い上がってきた

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 茂野にとって大きな転機となったのは、2015年のニュージーランド留学だった。

 小学校3年から大阪・岬ラグビースポーツ少年団でラグビーをはじめた茂野は、岬中、江の川高(現・石見智翠館)、大東文化大で腕を磨いた。ところが社会人となった時、もうラグビーを辞めようかと悩んでいたという。「試合のなかで面白みが見つけられなくなった。楽しくなくなっていた」。

 だが、当時NECで指導を受けていた元日本代表SH辻高志コーチから、ニュージーランドへの留学を勧められる。「思いっきりやってこい」。背中を押してくれたことで、茂野は決断する。

 ニュージーランドではクラブラグビーの文化が根づいており、茂野はかつて田中も在籍したオークランドのポンソビーという名門クラブに在籍。子どもから大人までラグビーを興じる環境に身を置くことで、茂野はラグビーを楽しみつつ真剣に取り組むようになった。

「子どもの頃、柔道、水泳、スケートといろいろスポーツをさせてもらって、唯一続いたのがラグビーだった。(ニュージーランドで)再びラグビーが楽しいと思えるようになりました」

 ラグビーの楽しさを再認識した茂野は2015年秋、球さばきのうまさや強気のゲームコントロールが高く評価され、「ラグビー王国」ニュージーランドの中でもレベルの高い地域のひとつであるオークランド代表に選出される。

 その後、国内プロリーグで先発の座を確保し、現在のオールブラックスのエースであるWTB(ウィング)リエコ・イオアネともプレー。リーグ優勝こそできなかったが、決勝戦の舞台「ITMカップ(現・Mitre10カップ)」に日本人として初めて進出した。

 そんな茂野を、サンウルブズの初代指揮官となったニュージーランド人のマーク・ハメットも放っておかなかった。サンウルブズに追加招集されると、茂野はそこで結果を残し、2016年6月には日本代表にも初招集。そして、強豪のスコットランド代表戦ではトライも挙げた。