2019.05.23

ラグビーW杯まで4カ月。
激戦ポジションで代表に選ばれるのは誰か?

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 もうひとつは、司令塔のSO(スタンドオフ)。このポジションは、田村優(キヤノン)の存在が一歩抜けている。だが、松田力也(パナソニック)がウルフパックで高いパフォーマンスをして成長した姿を見せた。ワールドカップでは、このふたりがSOの座を担いそうだ。

 まずは、6月の宮崎合宿メンバーに残ること。ただ、最後の31名に残れるかどうかは、今後のパフォーマンス次第だ。ワールドカップの試合登録メンバーは23人、そして先発は15人。狭き門である。

 前回のワールドカップを経験しているPR稲垣啓太(パナソニック)はこう語る。

「ケガをしたら終わり。(ワールドカップまでの)日にちが迫ると、チーム内の緊張も高まってくる。ただ、それがチームの成長スピードを上げる」

 個々のポジション争いによる緊張感が、チームの伸びしろにつながっていく。

関連記事