2019.05.19

林敏之が語るラグビーW杯大会。
名選手揃いも「勝ち方を模索してた」

  • 松瀬 学●文 text Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

――最初に思い出すことは、何でしょうか。

「最後のオーストラリア戦が終わった時のことかな。なんとか、まともな試合をしたという感じだった。最後の試合が終わった。ホッとした感じだった。あれはもう、やり切った試合だった」

――途中まで互角の展開でした。

「食らいついて、僅差の試合ができていたよね。オーストラリアはあの時、オールブラックス(ニュージーランド代表)より勝率がよかったからね。優勝候補ナンバーワンと言われていた。結果は(準決勝で)フランスに劇的な逆転負けを喫してベスト4で終わったのかな。でも、アラン・ジョーンズが監督をしていて、強かったんだ」

――初めてのワールドカップです。どんな大会でしたか。

「そんなもの、できんのかって。そう、みんなワールドカップがどんなものか、わからないものね。(招待大会で)予選もなかった」

――キャプテンとして意識したことは。

「当たり前だけど、ベストを尽くして勝ちたいということだけだったね」

――監督が人情家の宮地克実さんでした。

「そう、宮地さん。日本代表スコッドは選手26人で、団長、監督、コーチ、フィジオ(セラピスト)を含めて30人だったよね。いまは31人の選手がいて、バックアップメンバーやスタッフ20人ぐらい連れていくでしょ。僕らは合宿の時、メンバーが足りないから、宮地さんがアタック・ディフェンス(タックルなしの実戦形式練習)にも入っていた。それで、敵陣からどかん、どかんとラックに入ってきてさ。あの時、いくつかな。50前かな。すごいな、このオッサンって」

――日本代表のチームスローガンってあったんですか。

「あったよ。おれたちのチームは、"団体でいこう"だった。あの時、(シナリ)ラトウがスクラムから右サイドを攻める"ラトウ単独"というサインプレーがあったんだ。練習で、"ラトウ単独"って言ったら、宮地さん、"あかん、あかん、単独はあかん、団体で行け"って。それで、動きは一緒だけど、サインが"ラトウ団体"になった。ま、みんなで行こうという話やね。ラトウのサイドアタックは、"ラトウ団体"って言ってね。ははは」