2019.02.04

福岡堅樹が語るラグビーW杯への想い。
「巡り合わせの運に応えたい」

  • 松瀬 学●文 text Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

―日本開催は日本のファンがいるから特別なのでしょうか。

「それもありますけど、なんだろう...自分の国の大会で、自分の国を代表するチームで戦うわけですから。ワールドカップ、オリンピックって4年に1度という、それだけでも十分にレアなことなのに、それが自国でやるとなったら...。その周期が、自分が現役で、しかもピークくらいの時にくるという巡り合わせに幸せを感じています。運の良さというのは、ありがたいなと」

―福岡さんって強運ですよね?

「結構、運に恵まれているなと思います。だから、その運に応えたいなって」

―その流れで東京オリンピックもですか。

「その通りです。本当に最高のタイミングだと思います」

―私たちメディアも同じです。日本でやるワールドカップ、オリンピックを取材できるなんて。その分、自国開催のプレッシャーはありますか?

「わりと感じません。ラグビーをしていない時は、周りに聞かれて感じたりすることもあるんですけど、実際、試合に臨む時は、そういうことは考えずにプレーしているようにしています。目の前のプレーに集中するという切り替えは、自分の中でうまくなったんじゃないかと思っています」

―プレッシャーを気にしない、あるいはそれを喜びに変える。いいですね。

「逆に(昨年)イングランドの(アウェーの)8万人の大観衆の中でやったときは、母国の代表を応援する人たちを黙らせてやりたいぐらいの気持ちでいきました。前半は黙らせられたんですけど。イングランドは勢いに乗り出したらすごかったです」

―東京オリンピックが終わると、医師の道を目指すんですよね。ラグビーでファンを喜ばせ、医師になって人々の病気やけがを治す。人々を幸せにしたいビジョンは共通でしょうか。

「あまりラグビーで人を喜ばせるというのは、最初は考えてなかったですけど...。医学を志す上では、なかなか直接人に感謝される仕事ってないという意味では、光栄な仕事だと思います。そこに生きがいを見出したいなと感じているんです」