2017.10.30

ラグビー日本代表のスーパーサイヤ人、
レメキが世界選抜戦でパワー炸裂

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 もちろん、本人もそのことは十二分にわかっている。それでも、レメキは常に前向きだ。

「日本代表にはいいアタッカーがいっぱいいるので、まずはディフェンスをがんばりたい。(福岡)堅樹はスピードがあって、アキ(山田)は身体の使い方がうまいけど、フィジカルならふたりに勝てる。(世界選抜戦では)ハットトリック(3トライ)を獲りたいね」

 実際の試合ではトライを挙げることはできなかったものの、「10点中6.5~7点。ボールタッチが少なかったけど、ボール持ったら自分の強みを出せた」と振り返ったように、レメキは持ち味のフィジカルを存分に発揮した。ステップでわずかな隙間を突くプレーを見せ、コンタクトでも世界選抜に一歩も引けを取らない。タックルの強さも相手に見せつけ、何度もチャンスを演出した。

 レメキは11月に行なわれる強豪国との試合だけでなく、2019年W杯に向けても大きなアピールに成功したと言えるだろう。また、他のBK陣に危機感を与えたことにより、今後よりよいポジション争いが生まれる効果は、日本代表にとって大いに歓迎されるべきことである。