2016.10.04

【ラグビー】1年生が元気なワセダ、
低迷脱出で打倒・帝京なるか

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro


 特にグラウンドで躍動したのが、早稲田の新しい力である。先発には、5人もの1年生が並んだ。正確なパス、キックでゲームをうまく運んだのが1年生スタンドオフ(SO)岸岡智樹だった。

 冷静さが光る。早稲田が前半30分過ぎ、連続攻撃を仕掛けた。ラックから右。ウイング本田宗詩(そうし)からのパスが乱れる。後ろに戻って拾った岸岡だが、慌てず、焦らず、右サイドライン際に張っていた長身フランカーの加藤広人にオープンキックを蹴った。

 SO岸岡が説明する。

「14番(本田)がボールを持って前にいくはずだったんです。でも、ぼくたちのコミュニケーションミスでボールを下げてしまいました。(外側に)ハイボールに強い加藤さんがいたので、そこを狙ったんです。まあ、イチかバチかのプレーの選択なんですけど、(相手の布陣は)よく見えていました」

 この”キックパス”を加藤がジャンプ一番、ナイスキャッチして、そのまま右中間に躍り込んだ。技ありのトライ。約6500人の観客が大きくどよめいた。

 ゴールも決まって、17-0となった。勝敗の帰趨はほぼ固まった。岸岡は笑顔で続ける。

「結果論ですけど、よかったなあと思います。いい判断ができました。うれしいです」