2016.06.30

逆転でセブンズ五輪代表入り。
藤田慶和「W杯の悔しさを胸にリオへ」

  • 斉藤健仁●取材・文・写真 text & photo by Saito Kenji

 セブンズ男子日本代表の目標は、もちろん「メダル獲得」である。本大会の予選プールでは、ニュージーランド、イギリス、ケニアという強豪国と同組になった。だが、藤田が攻撃の起点となって周りを活かすことができれば、強豪国が相手であっても十分に通用するはずだ。藤田の魅力は、「見ているものを魅了する自由奔放なプレー」である。世界の大舞台でどこまで飛躍するか、今から楽しみでならない。

「今の自分は先のことより、目の前のことを一生懸命にやりたい。結果より、プロセスが大事です」

 藤田慶和は一日一日を大事にしながら、心身ともにリオへの準備を進めている。

●ラグビー記事一覧>


関連記事