2015.07.12

【ラグビー】大畑大介の願い「W杯ベスト8で、新しい風景を見てほしい」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 石山慎治●写真 photo by Ishiyama Shinji

――大畑さんはいつも、ラグビー界の人気アップを考えていますね。

大畑 そうです。カッコよく言えば、ラグビーを広めたい。正直言えば、自分がやってきたことを否定したくないんです。だから、ラグビーを1人でも多くの人に知ってもらいたい。正直、僕の下の年代のやつはみんな後輩だと思っています。みんなに幸せになってほしい。その辺でラグビーをやっている子どもでもそうです。僕は神戸の人間ですけど、パナソニックが勝ったらうれしい。だって、パナがいいラグビーをしているから。

――これから日本選手にとって、W杯までの強化ポイントはなんでしょう。

大畑 エディーになって今まで勝ってきたのは、日本が海外から研究に値するチームじゃなかったからだと思うんです。水泳で言えば、相手が息つぎしているところでも、我慢して、最後まで潜水し切って勝ち切ったところがある。でも、今度は日本代表が研究対象となると思うんです。そこでどんなラグビーをするのか。相手の出方を見て、戦い方を少し変えていくとか。選手がグラウンドで、どれだけ自立したラグビーができるのかが、僕は一番重要なポイントだと思います。

――ジャパン・ウェイ(日本流)の戦い方はどうでしょうか。

大畑 それは結果が出ているので僕らは何も言えませんよ。正直、僕のポジション柄、もうちょっと自由性の持てる選手が出てきたからおもしろいんじゃないかと思いますが。