2015.07.12

【ラグビー】大畑大介の願い「W杯ベスト8で、新しい風景を見てほしい」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 石山慎治●写真 photo by Ishiyama Shinji

――いま日本代表への生き残りをかけて、厳しい争いが繰り広げられています。大畑さんのポジション、ウイングの競争もおもしろいですね。

大畑 ウイング当確は山田(章仁・パナソニック)ぐらいじゃないですか。山田には(代表に)入ってほしい。この2、3年でプレーが抜群に安定してきました。オフ・ザ・ボール(ボールを持っていない時)の動きがよくなっています。テレビを見ればわかるように、画面に映ってくる回数が増えています。非常に意識が高くなり、パフォーマンスが安定したんです。

――大学生の藤田慶和(早大)福岡堅樹(筑波大)も注目ですよね。

大畑 2019年の(日本開催の)W杯に向けても、この2人にはラグビー界のため、がんばってほしいと思います。特に福岡は一発で局面を打開できる。あれだけのスピードを持っている選手は日本人ではなかなかいません。(W杯で)海外のチームの度肝を抜いてほしい。
やっぱり、スピードは、明日すぐに手に入るものじゃない。天性ですから。(福岡が)走っている姿を見ると、気持ちいいだろうな、と思います。ほかにも松島(幸太朗・サントリー)もいいじゃないですか。ぐんぐん成長している。各ポジション、いい選手が多いですよね。あとはサプライズ的な人間が誰か出てくるのかなという楽しみがあります。

――注目選手は山田、五郎丸ですか。山田のことを話す時はトーンが上がりますね。

大畑 そりゃ、山田にはずっと期待していますから。僕が引退する時、彼に後を託したのです。“僕みたいなキャラクターになってくれ”って。“おまえが出て行け”と。キャラクターとしても、彼にはすごくおもしろさを感じています。彼の存在は僕と一緒、賛否両論だったでしょ。でも必要だと思う。ラグビー界にとって、情報が発信できる人間が絶対、必要だと思うんです。僕は引退しているから、その発信力は現役には勝てない。要は現役に“勘違い”している選手が何人出てくるかです。