2018.10.27

Tリーグ注目選手の森薗美月×前田美優。
「中学時は仲悪かったよね」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • 作田祥一●写真 photo by Sakuta Shoichi

前田美優(まえだ・みゆ)1996年6月18日、香川県生まれ。5歳の時、兄弟の影響で卓球を始める。小学校時代は05年、06年全日本卓球選手権カブ(小4以下)の部で2年連続優勝。07年はホープス(小6以下)で優勝。09年、10年とカデット(13歳以下)、全国中学校大会シングルスで2年連続優勝。12年はインターハイ女子シングルスで優勝。14年インターハイ女子シングルス優勝、世界ジュニア卓球選手権団体で準優勝。14年日本生命に加入し、18年Tリーグの日本生命レッドエルフに加入。同じ左利きの石川佳純を尊敬している。 お互いをライバルと認識しつつ、父親の指導が非常に厳しいということで意気投合し、ふたりは仲良くなった。しかし、仲がいい分、ケンカを始めるとお互いに負けず嫌いで気が強いのでバチバチとやりあい、周囲を巻き込んでしまうこともあったという。

前田 小さい頃は、「同じチームでダブルス組もうね」って言ったけど、それがかなうことなく、ここまで来た感じだよね。

森薗 でも、1回やったよね。

前田 ジュニアサーキットのスウェーデン大会だっけ。

森薗 13歳の時、仲悪かったよね。

前田 ケンカしていて、1回戦ですぐに負けた。

森薗 一言もしゃべらずに終わったもんね。ふたり部屋だったけど、全然話をしなくて、美優は無言で先輩の部屋とかに行って、「あれ、行っちゃった」って感じ。小学校の時もケンカしたけど、中学の時は過度なライバル意識があって、もう"敵"って感じだったよね。

前田 中学生になってジュニアサーキットに出るようになって、その枠を得るための争いがあったからね。同年齢なのですごく比べられて、私は絶対にサーキットに出たいと思っていたので、ライバルの美月にピリピリしていた。

森薗 ちょっとやり過ぎたかなぁ(苦笑)。周囲の人にみんなを巻き込むなとか言われたもん。でも高校になると、バチバチがなくなったよね。美優はずっと決勝とかに行っていて卓球に集中していたけど、私は卓球以外にも悩みが多い時期で......。その頃には他にもいろいろいい選手が出てきて、年齢も重ねて世界が広がってきたので、前のようなケンカ腰のライバル視はなくなってきた。

前田 高校生になると1年の時は2、3年の先輩がいるし、インターハイでもいろんな選手と対戦して、全日本に行くともっと上の選手がいたし、ワールドツアーに行けば世界の選手がいる。この頃は試合をする人、全員がライバルになったので小学生の時のようにずっと美月だけがライバルというのは薄れてきたかな。なんか、大人になったよね。