2018.10.25

美咲、政崇、美月。森薗家は
あの日以来の衝撃をTリーグで残せるか

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • 千葉格、西村尚己●写真 photo by Chiba Itaru,Naoki/AFLO SPORT

2016年に全日本社会人選手権の女子シングルスを制した森薗美月 政崇と美月は小学生の頃は一緒に遊ぶ仲だったが、今では美咲と美月が頻繁に連絡を取り合い、会う機会が増えた。食事をしながらする話はもっぱら卓球以外のことが多く、引退後の人生の話や「好きな人ができない」と恋愛の話もする。

 美月は、美咲&政崇の姉弟をどう見ているだろうか。

「美咲ちゃんは、私が思ったことを何も考えずに言ってしまうんで、暴走しかけた時に『それは違うから』って指摘してくれる人。すごく真面目なんですけど、じつはチョーおもしろい。笑いのセンスは抜群です。政崇は会った頃は都会のサルだったんですけど(笑)、今は成長して私生活も卓球にすべて捧げるぐらい真面目。一度も一緒に飲みに行ったことがないので、いつか行きたいですね」

 美月のリクエストを伝えると、政崇は「美月と行くのは、恥ずかしいので......いいっす」とやんわり断った。政崇は、美月の言うとおり人生のすべてを卓球に掛けている。お洒落に関心がなく、普段はジャージで生活している。JISS(国立スポーツ科学センター)の近くに住み、練習もジャージとサンダルで行く。チームは茶髪禁止なので、黒髪。唯一の楽しみはオフの日に楽しむ日本全国のおいしい日本酒だ。

「森薗家ですか? 姉はしっかりしているし、真面目ですね。面倒見がいい姉御肌です。でも、メチャクチャ面白い。芸人とか天職じゃないかって思いますもん。美月は、自由人。登山とか趣味じゃないレベルで、あいつの将来は旅人で間違いない(笑)。まぁ森薗家全体に言えるのは、集中力がすごいこと。卓球やっている時はもちろん、自由人の美月ですら何かやっている時の集中力がすごい。いろんなことに集中できるのは森薗家のよさかなと思います」

 美咲は、母のような優しい笑顔を浮かべてこういう。

「美月は私にところによく来てくれるんで可愛いですね。でも、たまに何を言っているのか、わからないので聞き流すことがあります(笑)。これからも試合はもちろん、お互いを高められる存在でいたいですね。政崇は、自分をすごく持っている。こっちが何かを言っても自分で決断する。3人のなかで一番成績がいいですし、代表にも入っているので、これからも応援したいです」