2018.01.21

NFL4強に予想外の3チーム。
今季のスーパーボウルは異変発生か?

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by AFLO

 NFLポストシーズンのディビジョナル・ラウンドが終了し、ようやく今季の「ファイナル4」が出揃った。だが、その顔ぶれは実に興味深い。

トム・ブレイディのパスを止められるディフェンダーはいるのか?「常勝軍団」ニューイングランド・ペイトリオッツが順当に駒を進めた一方で、残りの3チームはジャクソンビル・ジャガーズ、フィラデルフィア・イーグルス、そしてミネソタ・バイキングス。1年前のポストシーズンには出場すらできなかったチームが3つもチャンピオンシップ・ラウンドに進出してきたのだ。まさに、大混戦となった今季を象徴している。

 AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)のチャンピオンシップ・ラウンドは、21世紀に入り5度のスーパーボウル王者に輝いているペイトリオッツと、10年ぶりのポストシーズンを戦うジャガーズが対戦する。同ラウンドへの進出はペイトリオッツが7年連続に対し、ジャガーズは1999年シーズン以来18年ぶり。ちなみにジャガーズは前回、このラウンドでテネシー・タイタンズに負けて敗退した。

 戦前予想ではプレーオフでの勝ち方を熟知し、かつホームで戦えるペイトリオッツが圧倒的有利と言われている。だが、ジャガーズは今回のディビジョナル・ラウンドでも下馬評を覆してピッツバーグ・スティーラーズを敵地で破っており、その勢いは決して侮れない。