2017.11.15

17歳「みうひな」が初ペアで初優勝。
卓球若手はコンビも自由自在に

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 千葉格/アフロ●写真 photo by Itaru Chiba/AFLO

「3ゲーム目は完璧にやられたんですけど、4ゲーム目はまた新しく、1ゲーム目みたいにプレーができて途中まではよかったんです。相手が立て直したにしても、自分がしっかり入れていれば……。4回か5回はマッチポイントがあったので。無理して打ちすぎず、しっかりつなぐ気持ちでやっていればよかった。今回、シングルスでは(1回戦で)負けちゃって、ダブルスでは絶対優勝したかったので、いつもより焦りがあったんじゃないかと思います」(張本)

「自分では落ち着こう落ち着こうと思っていたんですけど、やっぱり最後1点がちょっと遠かったですね」(木造)

 マッチポイントを迎えながら落とした悔しさを隠せない2人だが、今年2度目の準優勝には手応えも感じている。

「あまり(ダブルスの)練習を普段やってないないわりには自信もついてきたし、今大会を通して、プラスになったんじゃないかなと思います」(木造)

「練習はしてないんですけど、しっかり世界チャンピオンにも2回勝った(準々決勝で中国のファン・ジェンドン、シュー・シン組を中国オープンに続いて下した)し、今回は銅メダリストにもあと一歩だった。実力は絶対あると思うので、今日みたいに最後の1球とか、凡ミスが多かったのは、技術以外のメンタルで、大人の人たちに少し敵わなかったかなと思います」(張本)