2017.04.21

中国を震撼させた平野美宇。
「マーベラス・ミウ」誕生までの道のり

  • 城島充●文 text by Jojima Mitsuru
  • photo by AFLO

「彼女のテクニックは我々よりも先進的だ。これから彼女の強みを全力で分析しなければいけない」

 長く覇権を独占してきた中国女子の代表監督・孔令輝は、自らの口からこぼれた言葉が世界中に広まっていく意味をどう理解していたのだろうか。中国・無錫で開催された卓球のアジア選手権女子シングルスで、史上最年少優勝を飾った平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)のプレーは、鮮烈なインパクトと共に卓球界に新たな時代の風を吹き込んだ。

中国勢を破り、17歳でアジア選手権を制した平野 今大会には出場しなかった男子の日本代表で、リオ五輪で日本卓球史上初のシングルス銅メダルを獲得した水谷隼(木下グループ)は『美宇ちゃんすげえ。ワールドカップでティモが中国人3連破して優勝したの思い出した』とツイートした。

 男女のプレーを同等に比べることには異論もあるだろうが、リオ五輪女子シングルスの金メダリストで世界ランク1位の丁寧にフルセットの末、3-2で逆転勝利。続けて同ランク2位の朱雨玲、5位の陳夢を共に3-0で圧倒したプレーは、2005年のワールドカップでティモ・ボル(ドイツ)がその足下に食らいついた時よりもさらに激しく、卓球王国・中国の土台を揺るがしたのではないだろうか。