2021.06.14

クールな富樫勇樹が感情爆発。4度目の正直で叶った優勝までの軌跡

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 そんな富樫を、同い年のチームメイトである原修太はこう語る。

「俺らが疲れていると思っていても、めちゃくちゃ元気で、キャプテンらしく背中で引っ張ってくれた」

 今でこそメディア対応でしっかりとコメントするようになった富樫だが、若い頃はそうではなかった。ファイナル後に今季キャプテンとしてどう優勝に貢献したかを問うと「仕事は全然できていない」と応えたが、それはおそらく「リーダーとして、言葉で牽引できていない」ということなのだろう。

 だが、原の「背中で引っ張ってくれた」という言葉にもあるように、周囲はそう思っていないようだ。チームメイトの富樫評を聞いていると、3連敗からチームが上昇カーブを描けた理由の一端を物語っているように思えた。

「この5年間で彼が人を悪く言うのを見たことがないですし、しゃべっていてもポジティブで心地がいい。そういう姿勢があるから、チームも『やるしかない』となるんだと思います」(原)

 富樫自身はキャプテンになったといえど、特別に何かをしたわけではないと感じていた。だが、大野篤史ヘッドコーチ(HC)の見方は違った。今季、大野HCは「チームリーダーになってもらいたい」という期待を込めてキャプテンに任命した。そして、その甲斐はあったという。

「僕はかなり成長したんじゃないかと思っています。とくにCSに入ってから、前半が終わってロッカーに入ってくる時の声など、ちょっとずつ勇樹の声が聞こえてくる頻度が高くなっていた。1年目から完璧だったかと言えばそうではなかったかもしれないですが、着実にステップアップしていると思います」

 千葉はリーグで最も選手層の厚いチームのひとつで、外国籍選手を含めたタレントも揃っている。このチームを束ねるのは容易ではないだろうが、富樫はリーダーとして、彼の持つ特別なポジティブさでそれを可能にしたのではないだろうか。そんなふうにも思える。