2021.06.02

千葉ジェッツ富樫勇樹が『SLAM DUNK』の名シーンに鳥肌。「安西先生の言葉が現実で起きたよう」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro

――久しぶりに読んで、印象的だったシーンはありましたか?

「山王戦などはもちろん印象深いんですが、初めて読んだ時もそうだったんですけど、湘北に桜木(花道)が加わり、不良だった三井(寿)が加わり、ひとりずつ仲間が増え、少しずつチームが団結していく過程が印象的でしたね」

―― 一番好きなセリフやシーンはありますか?

「いろいろあるんですけど、やっぱりタイミング的(取材は4月20日)に、まさに昨日、渡邊(雄太)選手がトロント・ラプターズの本契約を勝ち取ったじゃないですか。SNSでも同じことをつぶやくバスケファンが多かったんですけど、ニュースを知って、山王戦で安西(光義)先生が桜木と流川(楓)のことを亡くなった教え子の谷沢龍二に語りかけるように"お前を超える逸材がここにいるのだ......!!""それも......2人も同時にだ......"ってシーンが浮かびましたね。

 日本人では難しいと言われ続けたNBAの舞台に今、八村(塁)選手と渡邊選手、日本人選手が2人も同時に立っている。安西先生の言葉が現実で起きたようで鳥肌立ちましたね」

――日本代表では富樫選手が、NBAプレーヤーの2選手、さらにオーストラリアで活躍している馬場(雄大)選手などをPGとして指揮する立場になりそうですね。

「無限の可能性というか、今後の日本バスケがすごく楽しみというか。もちろん僕は選手ですけど、いちバスケファンとしても楽しみだなって思いますね」

――『SLAM DUNK』に話を戻すと、富樫選手がPGをするなら、チームにいたら心強いと思う選手は誰ですか?

「やっぱり桜木かもしれないですね。リバウンドを取って、速攻の先頭を走りダンクを決める。そういう選手がひとりいるとすごくやりやすいので。昨季まで千葉ジェッツで一緒にプレーしたマイケル・パーカー(群馬クレインサンダーズ)が、少しスタイルが似ているかなって思います。パーカーはプレースタイルだけでなく、極度の負けず嫌いという性格的な部分も桜木に近いものを感じます。

 もちろんBリーグの選手ともなれば、誰もが負けず嫌いで勝ちたい気持ちが強い。ただ、桜木やパーカーは、その負けず嫌いさを全面に出して叫んだり、全身で感情を表現します。その姿を見てチームメイトが鼓舞される。ひとりの選手の言動でチームメイト全員を巻き込める。勝ちたい気持ちをチームメイトにまで影響を与えられる選手は、やはり頼りになりますからね」