2021.01.26

奇跡の集結から29年。初代「ドリームチーム」12人たちの今(前編)

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by Getty Images

「ビッグマンに対しての見方があるんだろうね。皆、ガードがヘッドコーチに最適だと思っている。今はガード主体のリーグなんだ。だけど僕としては、それに対してなんとも言いようがない」

 2014年当時、米ヤフーのスポーツ記者だったマーク・スピアーズ氏の取材に対し、ユーイングはそう語っている。

◆ジョーダンとの「ラストダンス」。神様と1on1をした日本人選手の物語>>

 ユーイングの大学時代、そのチームのヘッドコーチを務めていたのは、昨年他界したジョン・トンプソン氏だった。NCAA界の名将として知られる彼も、かつてはNBAのインサイド選手だった。

 ジョージタウン大の指揮官としてユーイングの成績は、2017−18年シーズンから昨季までの3年間で通算49勝46敗。全米優勝を争うNCAAトーナメントへの出場はまだ果たせていない。この先、ユーイングはコーチ業でどこまで高みへ行くのだろうか。

(後編につづく)

関連記事