2020.05.25

BリーグMVP田中大貴は八村塁から
大きな刺激。「強い覚悟を持ってやる」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO


 やれるという自信の背景には、昨年行なわれたワールドカップの経験がある。「史上最強チーム」と期待されながらも、グループリーグで3連敗。アメリカには手も足も出なかった。

「この経験を生かさないと意味がない」

 今季のBリーグ開幕前に、そう語っていた。世界で感じたその差をいかに埋めていくかが、田中にとっての重要なテーマだったのだ。

「世界を相手にして、フィジカルだったり、激しさだったり、全然違うことを感じました。その経験を持ち帰って、自分たちがBリーグのレベルを高めていかないといけない。そういう気持ちでプレーしていました」

 もちろん、世界と国内とでは、高さ、パワー、スピードとすべてにおいてレベルが違う。そもそも体格がまるで違うのだ。田中も世界相手には体格で劣るが、国内では上回れる。その時点で置かれた立場は違ってくる。

「簡単に、と言うと語弊があるかもしれないですけど、ある程度やれてしまうのが現状。そこは相手がいるスポーツなのでしょうがないところです。