2020.02.20

天国のコービーに是が非でも捧げたい。
レイカーズ、10年ぶりの優勝へ

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

 レイカーズが最後に優勝したのは、コービーがファイナルMVPを獲得した2010年。10年ぶりの優勝を、天国のコービーに是が非でも捧げたい。

 そんなレイカーズの最大のライバルになりそうなのが、現在ウェスタン3位でレイカーズと同じステイプルズ・センターをホームアリーナにするロサンゼル・クリッパーズ(37勝18敗)だ。

 カワイ・レナード(SF)とポール・ジョージ(SG)を擁するクリッパーズは、2月6日のトレードデッドラインにマーカス・モリス(SF)を獲得。ディフェンスが得意なモリスの加入で、レブロン対策はより万全なものとなった。

 ロサンゼルス出身のジョージは、コービーについてこう語る。

「コービーはすべての子どもたちに『NBAでプレーしたい』と思わせる男だった。俺もコービーがいたから、バスケを始めた」

 レブロンと同様、ジョージも優勝をコービーに捧げたいと強く願っている選手のひとりだろう。ウェスタンの頂上決戦は、ロサンゼルス対決になる確率が濃厚だ。