2019.02.15

名門レイカーズの誤算。
トレード・デッドライン後、雲行きは怪しい

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

 さらにマブスは、今季オールスター初出場を飾るオーランド・マジックのニコラ・ブーチェビッチ(C)の獲得にも動いているという。それが成功すれば、スロベニア代表のドンチッチ、ラトビア代表のポルジンギス、モンテネグロ代表のブーチェビッチという、異色の「欧州代表トリオ」チーム誕生となる。

 現在、ウェスタイン・カンファレンスの首位を走るのは、リーグ連覇中のゴールデンステート・ウォリアーズ。そのウォリアーズを引きずり落とすチームが現れるのか、リーグ後半戦も注目したい。

関連記事