2018.06.20

延岡学園バスケ暴行事件。
単純ではないアフリカ留学生の「光と陰」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images


 実際、「日本の文化に憧れていた」という理由で2008年、岡山学芸館に留学したセネガル出身のモーリス・ンドゥールのように6ヵ国語を操り、卒業後、アメリカの大学を経てNBAまでたどり着くような留学生もいる。
 
 最後に、口内を10針縫うこととなった副審は留学生から謝罪を受け、「今回のことで日本を、バスケを嫌いになってほしくない」と被害届を出さないとのこと。

 今後、今回のような暴力事件が繰り返されないことを願う。同時に、犯した罪は償(つぐな)うことを前提に、遠く離れた異国から来日して4ヵ月、文化にも言語にも戸惑う15歳の少年が再起できる社会であってほしい。

◆帰化した210cmの巨人ファジーカスは日本バスケの救世主となるか>>>

◆失意のレブロンが引き金に。超大型移籍で来季のNBAは激変するか?>>>


関連記事