2018.01.20

日本バスケを五輪へ。馬場雄大は
少年ジャンプの主人公のように頷いた

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 是枝右恭●撮影 photo by Koreeda Ukyo

 そして、Bリーグ開幕から3ヵ月、着実に進化している実感もある。

「外角シュートが苦手だったんで、シーズンの最初のころはディフェンスに離されて、『好きに打て!』みたいな感じだったんです。だから練習して克服し、だいぶ落ち着いて決められるようになったんで、今は外のシュートも警戒されます。

 そうなると、シュートフェイクが有効になるんで、攻めやすくなりましたね。シーズン後半戦は、得点はもちろんですけど、ドライブで抜いた後のディフェンスの状況を正確に判断して、アシストも増やしていきたい」

 国内にとどまったことが、回り道だったのか、結果として近道だったのか、馬場は自身のキャリアで証明していくつもりだ。

 漠然とした質問だが、もしも選手としての完成形があるのなら、現状をどのレベルだと本人は思っているのか聞いた。

「どうなんすかねえ。40パーセントくらいじゃないですか。まだまだ伸びると信じてます。もっともっと、うまくなれる。何より今、バスケが楽しいです。最近、さらに楽しくなってきました。うまくなっている実感があって、今までできなかったことができるようになっている。レベルが高い選手に囲まれ、『どうしたらいいんだ』って考えることも楽しいです」