2017.03.20

NBAが騒然。アービングが
ポッドキャストで語る「独自の世界観」

  • 宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko
  • photo by AFLO

 NBAファン、特にキャブスファンなら聞いてほしい話題のポッドキャストがある。「Road Tripping」と名づけられたこのポッドキャストのレギュラー出演者は、クリーブランド・キャバリアーズのベテラン2選手、リチャード・ジェファーソン(SF)とチャニング・フライ(PF)、そしてキャブスのサイドライン・レポーターのアリー・クリフトン。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

ポッドキャストで語られたアービングの「世界観」が大きな話題に「Road Tripping」というタイトルからもわかるように、遠征中の時間を使って収録されており、時には遠征先のホテルで、時には移動中のチャーター機で、チームメイトなどのゲストを迎えての本音トークが面白い。ジェファーソンらの話の引き出し方もうまいのだろう。仲間が集まってリラックスしたなかで、バスケットボールの話にとどまらず、子どものころの笑えるような話から、人生観などの深い話まで語られている。

 このポッドキャストが世間から注目されるようになったのは、2月のNBAオールスター直前に収録されたエピソードで、出演していたチームメイトのカイリー・アービング(PG)が「地球は平らだ」と主張したときだった。

 ポッドキャスト中に、アービングはこう熱弁していた。

「地球は平らだ。平らなんだ。事実は目の前にある。彼らは嘘をついているんだ」