2015.09.25

【男子バスケ】全米も注目!規格外の17歳、八村塁とは何者だ?

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

 U-17世界選手権、ジョーダン・ブランド・クラシックでの活躍を目にしたアメリカの複数の大学は、すでに八村に進学のオファーをしたと言われている。さらにその中のいくつかは、NCAAディビジョンⅠの名門大学とのこと。毎年のようにNBAへ選手を送り込んでいる大学も、そこに含まれているらしい。はたして八村は、アメリカで活躍できるのだろうか? 日本人初のWNBA選手である萩原美樹子氏はこう語る。

「サイズ・身体能力は日本で規格外でも、アメリカに行けば並になるでしょう。しかし、彼の一番の良さは、クレバーさにあると思います。今年のインターハイを見ていると、セネガル人留学生など自分より大きな選手とマッチアップする際は、外に引っ張り出してドライブで抜いて点を獲り、自分より背が低い相手ならばポストアップして点を獲る。状況に合わせて点が獲れること、得点パターンが増えているのはクレバーな証拠です。あとは、『自分はこういうプレーがしたい』と自己主張できる英語力があるかないか。現在、かなりの時間を割いて英語の勉強をしていると聞くので、それも心配はないと思います」

 八村は今夏、高校生としてひとりだけ日本代表に招集され、ジョーンズカップに出場した。出場時間はさほど多くなかったが、アメリカ戦ではオフェンスリバウンドをもぎ取るなど、才能の片鱗を披露している。日本代表でチームメイトとしてプレーした日本人初のNBAプレーヤーの田臥勇太は、「あんなに能力があるのはうらやましい。日本にはいないサイズだし、将来性を感じる。一緒にやっていて楽しい」と絶賛している。