2015.03.17

スラムダンク奨学生・村上駿斗がアメリカで感じた変化

  • 宮地陽子●取材・文・写真 text & photo by Miyaji Yoko

――身近なところに、それだけうまい選手がいることが刺激になっている?

村上 はい。かなり刺激的です。うまくなりたくてアメリカに来たので、スタメンになるとか、大学進学のこととかを考える以前に、とにかく目の前のトレモントを倒すというのが、何よりも面白くて……。毎回、練習が楽しみなんです。それが、うまくなれた一番の要因だと思います。

――アメリカではどういうプレイスタイルで勝負しようとしているのですか?

村上 渡米する前は、アメリカでは得点力のある選手が試合に出ている、というイメージがありました。「シュートを決めてなんぼ」みたいな感じなのかなって思っていたんですよ。でも、アメリカに実際に来てみると、コーチのジェファーソンはディフェンス第一で、「ディフェンスをしない選手は使わない」っていう主義。その部分は、自分が日本でやってきたことと同じだったんです。

 高校で3年間、センターをやってきたことを少し後悔したこともありました。高校でもガードをやっていたら、アメリカに来てからもプレイにつながっていたんじゃないかなと考えたこともあって……。でも、結果的には、高校3年間でディフェンスを中心にやってきたり、リバウンドに対する意識が高かったからこそ、アメリカでプレイタイムをもらえるようにもなりました。山形南高校でやってきたディフェンスとリバウンドという基礎の部分をアメリカに来ても求められたので、日本で3年間やってきたことが今のスタメンにつながったと思っています。