2014.02.12

【NBA】オールスターゲームの「カギ」を握るのはコイツだ

  • 佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi 是枝右恭●写真 photo by Koreeda Ukyo, Getty Images

スターターの顔ぶれからオールスターの見どころを語る佐古氏 得点源となる「攻撃時のファーストオプション」という面から考えると、ウェスタンはデュラントで決まりだと思うんです。ウェスタンを率いるヘッドコーチ(HC)はオクラホマシティ・サンダーのスコット・ブルックスなので、デュラントにボールを集めてゴールを奪いに行くでしょう。そうしてデュラントの得点数が増えていけば、オールスターMVPもグッと近づいてきます。

 逆に興味深いのは、イースタンですね。本来ならレブロンを攻撃時のファーストオプションにするでしょうが、イースタンを率いるのはインディアナ・ペイサーズのフランク・ボーゲルHC。ペイサーズのポール・ジョージがスターターとして出場するので、すんなりとレブロンにボールを集めるシフトにするのかどうか......。また、昨年得点王のカーメロ・アンソニーもボールを欲しがるでしょうから、誰をファーストオプションにして戦っていくのか、フォーメーションを考えるだけでも大変そうですね(笑)。

 そう考えると、ウェスタンのほうがメンバー的に安定しているかもしれません。なにより、ケビン・ラブがスターターに選ばれています。ラブという選手はリーグ屈指のハードワーカーで、パワーフォワードでありながら、アウトサイドからのシュートもうまい。ドワイト・ハワード(ヒューストン・ロケッツ)のような派手さのあるビッグマンではないですが、チームを作る上で欠かせない選手です。バスケットボールプレイヤーとして、ラブは非常に頭の良い選手だと思います。チームメイトとのバランスをうまくとりながら、リバウンドやロングショットという武器でゲームをコントロールすることもできる素晴らしい4番プレイヤーですね。勝利のカギを握っているのは、ウェスタンのラブではないかと思っています。スター揃いのオールスターでどんな動きをするのか、ラブのプレイもぜひ注目してください。

 あと、個人的に注目しているのは、オールスター初選出のステフィン・カリーですね。初めてのオールスターで自分の持ち味を発揮できるかどうか、その点を見てみたい。ポイントガードはオールスターでMVPを獲るのが難しいポジション。なぜならば、オールスターはタレント揃いなので、自ら得点を奪うことより、彼らの良い面を引き出す役割が増えるからです。ただ、カリーの武器は3ポイントシュート。本心では、3ポイントを積極的に狙っていきたいでしょう。初めてのオールスターで、どこまで己を出すことができるのか......。カリーには遠慮しないでプレイしてほしいですね。